子宮頸がんワクチンについて

小学校6年生~高校1年生の女子は子宮頸がんワクチンが定期接種(無料)です。
令和4年4月から、他の定期接種と同様に、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨を再開することとなりました。国の検討部会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、ワクチン接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたためです。
【平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性の方へ】
平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性の中に、HPVワクチンの定期接種の対象年齢(小学校6年から高校1年相当)の間に接種を逃した方がいらっしゃいます。まだ接種を受けていない方に、あらためて、HPVワクチンの接種の機会を定期接種(無料)でご提供しています。
お電話で予約を承っております。子宮頸がんワクチンの受付は16:00までです。
急な体調変化を来たす恐れもあるため、保護者の同伴をお勧めします。